チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ日誌(2007年4月)

チェンバロ日誌
4月5日(木)
 十日町市(旧川西町)で弾いてきました。 日本ピアノ調律師協会信越支部主催のコンサートで、 国際標準ピッチa=440Hzにちなんで4月4日に全国的に行われるさまざまな催しの一環です。 私が呼んでいただくようになって今年で3年目になります。 私がヴァージナルとチェンバロを弾き、 開催地の地元のピアニストと共演するというスタイルはすっかり定着しました。 250席のホールはこの企画にはぴったりの大きさで、 ほとんど満席のお客様に暖かく迎えていただきました。 私は十日町で演奏するのは初めてですし、 お客様もチェンバロは初めてという方がほとんどだったのでしょう、 休憩時間は楽器の周りにすごい人だかりができました。 調律師協会の方々にも好評で、 早速来年の4月4日の内定もいただきました。 来年は長野県松本市までヴァージナルとチェンバロを運ぶことになりそうです。
4月15日(日)
 上越市で弾いてきました。 日本三大夜桜の一つに選ばれているという高田公園の桜を眺めながらというロケーション。 今年は暖冬で、コンサートの日に桜が散ってしまったらどうしようかと関係者の方々はかなり心配だったそうですが、 結果的にはちょうど満開の日に当たりました。 チェンバロの横には桜の枝が壺に活けてあり、 季節を感じながらの何とも風情のあるコンサートになりました。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る