チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ日誌(2009年6月)

チェンバロ日誌
6月20日(土)
 昨日はスタジオから800mほどの近さにあるレストランでの演奏でした。 近いというのは本当に楽ですね! 楽器を搬入したら「ではスタジオに戻って別の楽器で練習してきます。」 スタジオでゆっくり着替えて会場に向かい、 本番が始まって30分ほど弾いて食事の時間になったらまた「ではスタジオに戻って練習してきます。」 食事時間中に一度会場に戻って15分ほどBGMを弾いたらまた「ではスタジオに戻って雑用を済ませてきます。」 食後のアンコール演奏のために会場に戻ったのに皆様の食事がなかなか終わらないので「ではその辺を散歩してきます。」 全部終わって車に楽器を積み込めば30分後にはスタジオに楽器を下ろし終わっていました。
 今回は食事がメインという趣旨で演奏時間が短かったこともありますが、 普段の延長のような落ち着いた精神状態で心地よく演奏できました。 「すごい演奏会」ばかりが自己実現の道というわけではないんだなと、 今日は何だか世界が違って見えました。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る