チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ日誌(2011年7月)

チェンバロ日誌
7月6日(水)
 またまた頭の中をチェンバロ独奏に切り替えて、 バッハの平均律とゴルトベルク変奏曲を練習しています。 4月から始まった平均律第1巻のレクチャーコンサートは4回目の今月が最終回です。 この企画はギャラリーmu・anさんで2年間にわたって1曲ずつ弾いてきた経験を下敷きにしていますが、 さすがに2年前に一度弾いてそのままになっていた曲は手がほぼ完全に忘れてしまっていて、 4月の第1回や5月の第2回などは毎月6曲のペースで練習し直すのが予想以上にハードでした。 でも今練習を始めているのは最後の6曲ですから、 どれも1年以内に弾いたものばかりで手もよく覚えています。 そのかわり、ギャラリーmu・anさんで弾いたときと今とで自分の成長を実感できるという意味では、 2年間ブランクがあった第1回や第2回のほうが自分でも新鮮な発見がたくさんありました。 今練習している曲で感じるのは、 昨年弾いたときから程よく時間が経つことによって、 難しい曲でも変な癖や無理な力が抜け落ちて弾きやすくなっていることです。 音楽も仕込んでからゆっくり寝かせると熟成するんですね。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る