チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ日誌(2012年4月)

チェンバロ日誌
4月28日(土)
 さあさあ、またコンサートの予定が並びましたよ。 目下いちばん大変になりそうなのが、 6月30日にバッハのブランデンブルク協奏曲第5番で華麗なチェンバロソロを弾き、 一週間後の7月7日に同じくバッハの長大なゴルトベルク変奏曲を全曲弾き、 さらに10日余り後にやはりバッハのイギリス組曲第1番を弾く3連続でしょう。 イギリス組曲は一番曲数が多い第1番だけがちょうど今まで弾いたことがないという偶然で、 大変さに拍車をかけているというわけです。 もうこれは今からしっかり計画を立ててじっくり取り組みなさいということですね!
 と意気込んでいたところに、 ブランデンブルク協奏曲第5番の初リハーサルが5月28日との連絡が来ました。 和声が複雑で通奏低音泣かせのバッハの協奏曲を3つも弾く高崎公演の4日後ではないですか! 「初リハーサルは6月上旬かなー」との読みは外れて、 あの華麗なソロを高崎公演の練習と並行しながらあと1ヶ月で完成させるわけです。 これは当面ゴルトベルク変奏曲の練習時間を減らしてブランデンブルクに回した方がいいようですね。
 と仕切り直して怒涛の練習に突入!したところに、 誠にありがたいことに5月13日と5月20日に私的な集まりでの演奏の依頼が舞い込んでまいりました。 ということは来週5月4日のコンサートを皮切りに、 通奏低音泣かせの高崎公演まで毎週毎週コンサートではないですか! これはもうゴールデンウィークなどという単語は無いものと思って、 寝るのも忘れて練習に没頭しなさいということですね!
 でも、寝るのは忘れられても、 娘が保育園に入園したこの春から毎週月曜、水曜、木曜は私が夕方前から家内と交代して娘を遊ばせて、 夕食を食べさせて、お風呂に入れて、寝かせるという係になったので、 娘のことは忘れられません。 毎朝保育園に送るのも私の係なので、朝寝坊もできないようになっています。 ああ、何という充実よ! 世間一般には、青春すなわち若い頃こそが人生の充実期と思われているみたいですが、 私の場合はもしかしたら今が一番輝いているかもしれません。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る