チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ日誌(2013年5月)

チェンバロ日誌
5月6日(月)
 ヴァージナルの整備をしました。 2週間後のコンサートで使う楽器をなぜ今頃整備しているのかというと、 ヴァージナルで弾く曲をあえて2段チェンバロで練習してきたのです。 ヴァージナルは弦が1組しかありませんので、 弦の種類やその組み合わせによって音色を変化させることはできません。 そのぶん、打鍵の速度や分散和音の弾き方、微妙な間の取り方といったあらゆる手段を総動員して音色の変化を狙いますが、 ともすると無意識に「この程度音色が変化すればいいか」みたいな妥協に陥る恐れもあるのですね。 なので、2段チェンバロの8種類もの音色をフルに活用して練習しておけば、 ヴァージナルに移っても同じくらい多彩に演奏したいという強い願いを持ち続けることができるというわけです。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る