チェンバロ奏者 八百板正己 のホームページ

チェンバロ教室−こんな方を大募集!

鍵盤楽器初心者から音楽教室の先生まで、
新潟県内各地の多くの方が楽しくレッスンにかよっています。
遠く県外からかよう方もいます。
チェンバロ購入の必要はありません。
遠い昔のヨーロッパ宮廷音楽をあなたの手で甦らせましょう。


《ビギナーの方も》
楽譜がよく読めなくても、左手がちっとも動かなくても、 始めたその時からチェンバロの美しい音色はあなたを虜にします。 その昔王侯貴族の子女のレッスン用に作られた「易しいけれど芸術的」なレパートリーも豊富。 ピアノよりはるかに鍵盤の軽いチェンバロは身体的な負担もありません。 人生の半ばを過ぎてから初めて鍵盤楽器に取り組む生徒さんたちもどんどん上達しています。

《ピアノ経験者なら》
昔弾いたバッハなどバロック音楽の楽譜が本棚に眠っていませんか? それらをチェンバロで鳴らしてみましょう。 チェンバロのために作られた曲はあまり難しく考えることなくチェンバロで弾いてみるだけでも何と感動的に美しく響くのでしょう! ピアノが弾けるあなたにとって、チェンバロはすぐに楽しめる存在です。

《ピアノ指導者の方には》
ピアノ教育に欠かせない教材であるバッハの諸作品は、 作曲された当時はどのように演奏されていたのでしょうか? チェンバロでの演奏を身をもって体験することによって、 ピアノ教育におけるバッハの役割をどのように位置付けるのか、 ピアノでの演奏に際して何を変え何を残すのか、 確かな自信が得られるものと信じます。 また高い演奏能力をお持ちのあなたには、 16世紀からバッハ以降にわたるチェンバロ音楽200年の膨大なレパートリーがお待ちしています。 音楽理論の深い理解と即興演奏能力が求められるそれらのレパートリーに親しむことは、 古典派以降のピアノ音楽の演奏にも必ずや豊かな実りをもたらすことでしょう。

《チェンバロとのアンサンブルはいかが?》
私が弾くチェンバロ伴奏(通奏低音)に合わせて、 リコーダー、フルート、ヴァイオリン、チェロ、歌などでバロック音楽を演奏しませんか? バロック時代の演奏習慣や解釈を楽しく学びましょう。 バロックをバロックらしく演奏する秘訣を伝授します。 経験の程度や楽器の種類、ピッチは問いません。 数人のグループでの受講も歓迎します。 もちろんチェンバロ伴奏法自体を学びたい方もどうぞ。

《ご自分で弾かなくてもプライベート講義》(新設)
音楽の楽しみ方には「聴くことに集中する」という方法もあります。 ご自分で楽器を練習する時間が全くなくても大丈夫。 プロの演奏家は楽曲をどう分析し、解釈し、表現するのか、 私と一対一の講義で納得いくまで学びましょう。 今までCDなどを漠然と聴くだけでは分からなかった作曲家からのメッセージを、 はっきりと感じることができるようになります。 また、特にバロック音楽に特有の、 いくつもの旋律が同時にからみ合う複雑な作曲法(=対位法) を聴き分ける特殊能力を伸ばすお手伝いもいたします。


ご質問、ご感想、ご意見などは下記までお寄せください。
E-mail : yaoita@tochio.net
親切、迅速にお返事いたします。

トップページに戻る